【トレーニング】トレーニングに期待できる体型変化以外の効果について

はじめに

ウェイトトレーニングを私生活に取り入れる目的は、人によってそれぞれでしょう。例えば、「お腹をへっこませたい。」「胸板を厚くしたい。」などです。

ウェイトトレーニングを行うことで体型変化を促したいとか、体型変化を期待する人は多いですが、ウェイトトレーニングに期待できる効果はそれだけではありません。

肉体的な効果だけでなく、精神的な効果や生活習慣改善にも役立ちます。体型変化以外にもどのような変化が期待できるのかを、今回の記事では取り上げていきたいと思います。

幸せホルモンの分泌促進

はじめに取り上げたいのは、幸せホルモンの分泌促進についてです。セロトニン、通称幸せホルモンはトレーニングを行うことで分泌促進されることがわかっています。

このセロトニンは、ドーパミン・ノルアドレナリンという神経伝達物質を抑制し、精神的安定をもたらす働きがあります。

セロトニンを増やす作用のある抗うつ剤を使用した場合、うつ症状が軽減されるという結果もある程です。

反対に、セロトニンの分泌が低下すると、慢性的なストレスや疲労感を感じやすくなります。また、イライラを感じる場面も増えるでしょう。不眠やうつ症状の発生にも繋がります。

ウェイトトレーニングでは、そんなセロトニンを増やすことができます。日常生活でストレスを感じたり、精神的な疲労感を感じやすい場合は、ウェイトトレーニングを取り入れてみると良いでしょう。

ストレス性ホルモンの分泌抑制

次もホルモンに関する話題です。

コルチゾールと呼ばれるストレス性ホルモンは、副腎から分泌されるホルモンの1種です。

肝臓での糖新生、筋肉でのタンパク質代謝、脂肪組織での脂肪分解や代謝に携わります。そんな働きのあるコルチゾールは、人がストレスを感じた際に多く分泌されることがわかっています。

先ほどもセロトニンの項目で、うつ症状について簡単に触れました。うつ症状の見られる患者はコルチゾール値が高い傾向であることもわかっています。

そうしたストレスから体を守るべく、コルチゾールは体内の炎症を抑えたり、アレルギー反応を抑える役割もあります。

ストレス性ホルモンだからといって悪影響を及ぼすホルモンではありませんが、現代社会において、ストレスは非常に感じやすいものになっています。

コルチゾール過多にもなりやすいと言える社会では、適度に体を動かすことでコルチゾールの分泌を抑えることができます。ウェイトトレーニングがコルチゾールの分泌を抑えるにも役立つでしょう。

睡眠の質の向上

現代社会では情報過多やリモートワークの普及により、ストレスの上昇、運動不足が問題になっています。「仕事だから…」と、仕方ないと思われる方もいらっしゃいますが、睡眠に関しては、あまり良い環境とは言えません。

近年、睡眠の時間ではなく、睡眠の質も向上すべきであるというような謳い文句を目にするようになりました。睡眠の質を向上することで、睡眠によって得られる効果を最大化させることが狙いのようです。

そんな睡眠の質を向上させるのにウェイトトレーニングは有効なようです。それは、精神的な疲労ではなく、肉体的な疲労を与えることが睡眠の質を向上させる上で非常に大切だからです。

ウェイトトレーニングで汗をかき、高タンパク質低脂質な食生活を送り、就寝前に入浴、入浴後はストレッチを軽く行ってから入眠するというサイクルを回すことで心身共に健康な状態を維持できるでしょう。

男性ホルモンの分泌促進

男性ホルモンには様々な種類がありますが、その中でも最も有名なホルモン名がテストステロンでしょう。

テストステロンは殆どが精巣から産生されています。一部は、副腎からも産生されているようです。男性に比べて女性の方がテストステロン値が低いのは、こうした肉体的構造の違いにも起因します。

そんな男性ホルモンは、明るく快活な性格をもたらしてくれる非常に有用なホルモンと言えます。活力に満ち溢れ、ポジティブな影響を心と体に与えてくれます。

精神的な影響もそうですが、肉体的な影響もあります。今回は、体型変化以外を扱った記事なので詳述はしませんが、筋肉量を増やしたり、動きも活発になるでしょう。

まとめ

ウェイトトレーニングが与える影響は肉体的なものだけではありません。もしも、体型変化だけだと思っているのであれば、それはお門違いでしょう。

精神的な安定は勿論ですが、睡眠の質の向上、バイタリティに溢れた日常を送るにもウェイトトレーニングは役立ちます。

リモートワークなどで人と接する時間が減り、運動不足が気になるのであれば、先ずはウェイトトレーニングを試されることをオススメします。

これからもフィットネスに取り組んで、健康な人生を歩んでいきましょう!

無料カウンセリング&トレーニング無料体験実施中
お問い合わせは、コチラから.
InstagramLINEからもお待ちしております.

お客様のレビューについてとトレーナーとしての感想【体験談】

HONEYCOMBをオープンしてから、さまざまなお客様のダイエットに携わらせていただきました。 そんな中、ご自身のダイエット経験をご自身のブログにまとめられた方がいらっしゃいます。 今回は、その方の記事を参考に、ダイエッ… 続きを読む お客様のレビューについてとトレーナーとしての感想【体験談】

コメントなし

【ダイエット】減量を無理なく健康的に続ける方法についてカンタンに解説

何度もダイエット、リバウンドを繰り返している方にとって、ダイエットを継続させる、あるいはダイエットを成功に導くことは不可能だと考えている人もいます。 それに、無理なダイエットを行い、急なリバウンドを繰り返すことは、返って… 続きを読む 【ダイエット】減量を無理なく健康的に続ける方法についてカンタンに解説

コメントなし

【トレーニング】スクワット中に内股になってはいけない理由とは?

目次1 はじめに2 ①:怪我のリスク増加2.1 膝内側部靭帯への過度なテンション3 ②:エネルギーが上手く伝わらない4 改めてフォーム確認4.1 ①:怪我予防4.2 ②:正しいエネルギー伝達が可能に5 正しいフォーム獲得… 続きを読む 【トレーニング】スクワット中に内股になってはいけない理由とは?

コメントなし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

HONEYCOMB